■どんな部屋にするか

賃貸の物件の場合、人気があるのはやはり新築の物件です。新築物件はかなり早く部屋が埋まってしまします。しかし、新築にも落とし穴が。新築の場合、建築中に募集を掛け建築完了と共に入居、という体系が多いため、実際にその内観が確認できないことがあります。意外に部屋が狭かったり、日当たりが悪かったりなんていうこともあるそうです。また、新築の物件は僅かながら塗料や接着剤等の匂いが残っていることもあります。時間が経てば自然と薄らいでいくのですが、気になる人は引っ越し前に確認しておくといいかもしれません。そこで、狙い目なのが築浅と呼ばれる物件です。築年数が浅い(約1〜5年の建築年数)ので、比較的キレイで設備の整った部屋に住むことが可能です。多くの場合は、契約前に現地の視察が可能なので(入居者がまだいる場合はできませんが)、日当たりや騒音などを事前に調べることができます。他にも築年数は古いが、リフォームやリノベーション済みの物件が狙い目です。中には、自費でリフォームやリノベーションが可能(むしろ歓迎)の物件もあるので、居住空間にこだわりのある人にはおすすめ。例えば、自然が好きな人なら海や山のあたりで格安の物件を探してみると、ほとんどがリフォームまたは、リノベーションが可能だそうです。もしくは、交渉すると意外にも許可してくれます。

コンドロイチンについて知りたい方はこれをチェック
コンドロイチンの情報サイトです

コエンザイムQ10の特集サイト
こちらのサイトでコエンザイムQ10の情報はばっちり

火災保険の事ならマネモでバッチリ
ここを要CHECK