■衣・食・住は大切

人間が生活する上で、大切なものが「衣・食・住」です。人が暮らしていく上ではこの三大要素は欠かせません。最近は核家族や独身世帯が増え、賃貸の集合住宅に住むこともスタンダードです。大学生や独身の若い世代はワンルーム〜1LDK、ディンクス(夫婦のみの世帯)は2LDK〜、子どもが二人までなら3LDK〜、それ以上の大家族は4LDK〜というのが一般的。ただし、間取りや家賃等の各家庭の事情や住む地域で大きく差が出ることもあります。一般的には都市の中心部にはビル型のマンション、郊外にはアパートやコーポなどが多いとされていますが、最近はかなり田舎にもマンションが増えて来ました。最近のマンションはオートロックは標準装備で、指紋認証や顔認識のシステムが取り入れられているところもあります。だからと言って、100%安心・安全というわけではないので、油断は大敵です。最近は持ち家の一軒家が少なくなり、賃貸の住宅に住む人が増えています。背景には様々な事情がありますが、住むところをきちんと選ぶことは日々の生活を豊かに、明るくすることに繋がります。そこで、後悔しない部屋を契約時に選ぶことが非常に大切になります。一度契約してしまうと、解約や引っ越しなどが非常に面倒になってしまうので、不動産屋さんで契約する時は、慎重に慎重を重ねた方が無難です。